「iDeCo」「NISA」って何?比較しながら分かりやすく解説します!

こんにちはー!ふくすけです!

今日はSNSでよく見かける「iDeCo」と「NISA」について比較しながら説明します!!

結論は下の表のようになります。

  性質 推奨する目的 税金対策
iDeCo年金老後資金の運用
(途中で出金できない)
★★★
NISA投資一時的な余剰資金の運用
(途中で出金可能)

オススメの金融機関はSBI証券と楽天証券です!

fukusuke

運用と聞くとハードルが高いと感じる人がいるかもしれませんが、何も難しいことはありません。「iDeCo」「NISA」を活用してお金を効率的に増やしましょう!

以下、詳しく説明します。

目次

「iDeCo」「NISA」とは

まず、「iDeCo」「NISA」とはなんぞやという疑問にお答えします。

iDeCo(イデコ)

税制上の優遇措置がある私的年金制度のこと

yuu

税金が優遇される年金制度ってことね

※私的年金とは、皆さんが既に入っている公的年金に上乗せして年金を給付してもらうための制度

NISA(ニーサ)

投資で得られた利益や配当が非課税になる制度のこと

yuu

NISAは株とかを運用して得た利益に税金がかからない制度ってことか

yuu

…ん、両方とも税金対策なん?

fukusuke

いいとこに気がついたね

「iDeCo」「NISA」共通の目的

株式や投資信託などを運用する過程で、税金をできる限りとられないようにすること

fukusuke

実は両方とも目的はほぼ同じなんです。

「iDeCo」「NISA」ってどれくらいお得なの?

開始する時期や選択する金融商品によっても運用成績は異なりますが、税制面で優遇される「iDeCo」と「NISA」を使用すれば、通常の証券口座で投資をするよりもお得になります。

◆iDeCoの優遇税制◆

iDeCoは以下の3段階にわたって税制優遇を受けられます。

お金を出す時(拠出)

掛け金は全額所得控除になります。

yuu

iDeCo払ったら来年の税金軽くなるってことか

運用する時

投資信託などで得られた利益や配当、定期預金の利息が全額非課税になります。

fukusuke

普通は儲けから20.315%税金もっていかれるんだよね…

yuu

普通に株とかやるより20%くらいお得ってことか

お金を受け取る時(年金or一時金)

iDeCoは60歳まで掛金を拠出することができて、最短で60歳から受け取ることができます。

受取方法には、一時金として一回で受け取る方法、年金として長い間受け取る方法の選択肢があります。

受け取り方 税控除 イメージ
年金
(複数回)
公的年金控除年金の一つとして
iDeCoを受け取る
一時金
(一括)
退職所得控除退職金の一部の
ような扱いとして受け取る
yuu

年金とか退職金は給料とかの収入と違って税金あんま取られんのやね

iDeCoとして貰える年金や一時金は元を辿れば、自分が稼いだお金が掛け金になっているので、稼いだ時に既に税金取られてます。流石に2回取るのは可哀想ですしね。

fukusuke

まとまったお金が欲しい人は一括で受け取ったり、年金と併用することも可能です

◆NISAの優遇税制◆

iDeCo同様、株式や投資信託などの売却して得た利益や配当に対して約20%の税金が通常かかるところ、一定期間・毎年一定金額の範囲内で非課税になります。

fukusuke

NISAは期間と金額で2つの選択肢があります。

「NISA」と「つみたてNISA」

長期で少額運用するなら「つみたてNISA」、短期で多めに運用するなら通常の「NISA」です。

yuu

つみたてNISAってよく聞くやつや〜

選択肢 期間 金額/年 イメージ
NISA5年120万円短期運用
つみたてNISA20年40万円長期運用

一般的には長期で少額運用する「つみたてNISA」が推奨されています!迷ったら「つみたてNISA」にしましょう。

yuu

ちなみに、iDeCoって3段階で節税になるのに、NISAって運用益にしか節税効果がないの?

fukusuke

そうやね、そこらへんを次説明するね

「iDeCo」「NISA」どう使い分ければいいの?

今までの説明を表にするとこんな感じ。

優遇税制のタイミング iDeCo NISA
お金を出す時全額所得控除
運用する時運用益が非課税運用益が非課税
お金を受けとる時退職所得控除
公的年金控除
※NISAは預金が対象外なのに対し、iDeCoでは預金の利息も非課税という違いもあります。
yuu

私はiDeCoがいい

fukusuke

まだ決めるには早いよ

「iDeCo」と「NISA」で運用できる金額・期間が異なる

  iDeCo NISA つみたてNISA
下限5000円〜なしなし
上限
(年間)
職業などによる
約14万~約81万
120万円40万円
上限
(累計)
なし600万円800万円
期間基本60歳まで5年間20年間
yuu

表にしてみると、
結構条件違うんやね

「iDeCo」は途中で出金できない!

NISA(つみたてNISA含む)」はいつでも運用している商品を売却して出金できます。

iDeCo」は掛金の積み立てを停止したり再開したりすることはできますが、60歳以降でないと資金の引き出しはできません

yuu

「NISA」は普通預金みたいに気軽にできるけど、「iDeCo」は定期預金みたいに引き出せないんやねー。

運用するのは「老後資金」のためか?

「iDeCo」は冒頭で説明した通り年金なので、「老後資金」を積み立てる制度です。

途中で引き出せないのは、「老後資金」のための年金だから仕方のないことです。その代わり、3段階の優遇税制があり、「老後資金」という目的のためなら「NISA」よりも優秀です。

一方で、途中で売却したり早い段階で利益を受け取りたい方は「NISA」がオススメです!柔軟な資産運用が可能です。

  iDeCo NISA
特性固定流動的
目的老後資金の積み立て柔軟な資産運用
fukusuke

併用することも可能なので、
老後資金用と純粋な資産運用とで使い分けてもいいです。

まとめ

「iDeCo」と「NISA」は優遇税制を受けながら金融商品を運用するという仕組みは似ていますが、「NISA」は途中で出金可能なのに対し、「iDeCo」は年金なので途中で引き出せません。

「iDeCo」は「NISA」よりも長い間運用ができて、税制面で優遇されています。自身の運用の目的が「老後資金」であれば、「NISA」よりも「iDeCo」を選択すべきです。

純粋な「資産運用」のためであれば、柔軟性の高い「NISA」の方がオススメできます。

オススメの金融機関「SBI証券」「楽天証券」

金融機関は手数料が安く、扱っている商品のラインナップが豊富なネット証券大手2社「SBI証券」「楽天証券」がオススメ!

どちらがいいかと言われれば、楽天市場をよく利用する楽天ヘビーユーザーなら楽天証券、そうでなければSBI証券でよいかと思います。

イメージは下記の通り(使いやすさなど個人的な感想も含みます)

SBI証券と楽天証券の比較表

  SBI証券 楽天証券 大手証券
手数料
IPO
ポイント
少額投資
使いやすさ

iDeCoとNISAについて理解は深まりましたか?

最後まで読んで頂きありがとうございましたー!また、皆さんの役に立つ情報をお届けします。

ブログ村へはこちら!よかったら確認ください!

にほんブログ村 投資ブログへ
にほんブログ村

ではまたー!

yuu

今回の私頭いいキャラやね

fukusuke

NISAよりNASAがいいとか言われても話進まんからな。

 

PVアクセスランキング にほんブログ村
よかったらシェアしてね!
  • URLをコピーしました!
  • URLをコピーしました!

この記事を書いた人

どこにでもいる普通のサラリーマン
仕事は経理関係
趣味は釣りや旅行などアウトドア
夫婦で楽しめることを常に探してます

コメント

コメントする

CAPTCHA


目次
閉じる